2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2012年1月1日 - 2012年1月7日 »

2011年12月11日 - 2011年12月17日の記事

2011年12月15日 (木)

有機農業と遺伝子組換え食品 ”Tomorrow's Table” についてのメモ

有機農業と遺伝子組換え食品 ”Tomorrow's TablePamela C.Ronald 著 Raoul W.Adamchak 著 椎名 隆 (他)訳  丸善 2730円(税込) 2011年06月 発行
ISBN 978-4-621-08400-7

 現在の、そして将来の遺伝子組換え作物と有機農業の組み合わせは、やがてやってくる肥料や化石燃料が十分に使えない時代の農業生産を支えることになるだろう、という強い主張に貫かれた本。良書だと思う。
 読み終わって暫く経つのだけれど、読んでいたときに気になった点をいくつか指摘しておくことにした。(日本語で読んで、あれれ?と思って原著の方も買ってしまった。)

第1章 p. 12, L. 8 (誤)インディアンライス(マコモ)、(正)インディカ水稲

説明 原文では”traditional Indian rice variety”となっている。マコモ(Zizania latifolia)の英語表現としては、しばしばIndian riceが用いられるが、この文脈では深水耐性のイネ在来品種FR13Aについて言及しているので、インディカ水稲とするのが妥当。これは、著者らの開発した深水耐性イネの論文を見てもそうなっているので、間違いないだろう。

 なお、マコモとイネの種間雑種もできているので、ちょっとだけ紛らわしいのも事実。

第3章 p. 53, L. 12 (誤?)生物動力学、(正?)バイオダイナミクスあるいはバイオダイナミック

説明 間違い、と言うわけではないけれど。バイオダイナミクス農法はドイツのルドルフ・シュタイナーの提唱したオカルト的有機農法として知られている。日本バイオダイナミック協会によると、ホリスティック医療、ホメオパシー医療、マクロビオティックと連携しそれらを総合する知恵として発展していかなければならないものらしいので、この用語を取り扱う際には科学的かつ慎重に文脈を読みとる必要がある。なお、本書での扱いは有機農業の歴史的な発展の中での扱いに留まっており妥当であろうと思う。

第4章 p. 72, 図4.4での組換え植物体の選抜方法。

説明 参考文献では、Lucca et al.(2001)を 引用している。従って、この原著論文によれば、この本で扱っている選抜マーカーもPhosphomannose isomerase(PMI)ということになる。この酵素を導入された細胞は、通常の植物が利用できないマンノースを栄養にすることができるようになるの で、培地にエネルギー源としてマンノースを含みショ糖をわずかしか含まない環境では原理的には形質転換された細胞のみが生存できる。

 図では「ショ糖耐性」と書かれているが、ショ糖が毒性を発揮するわけではないので、正しくは「マンノース資化性」と呼ぶべきである。・・・と思って原文を見たらSugar toleranceの扱いになっているので、著者も勘違いしています。

 なお、この選抜システムは最近の遺伝子組換え作物では、かつての抗生物質耐性遺伝子や除草剤耐性遺伝子のかわりによく使われるようになってきている。見方によっては、遺伝子組換え作物に対する反対運動によって技術的解決が進歩した例と言えなくもありません。

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2012年1月1日 - 2012年1月7日 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ