2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 一人の凡庸な科学者として私はそう思うのだ。 | トップページ | 科学は知の異種格闘技か? »

2010年5月 7日 (金)

ネアンデルタール人からの浸透交雑は”遺伝子汚染”とは言わないのだね

現生人類への浸透交雑(introgression)の実例か?という論文。

Richard E. Green et al., “A Draft Sequence of the Neandertal Genome,” Science 328, no. 5979 (May 7, 2010): 710-722.   

新聞記事を引用すると、
(毎日新聞より)

ネアンデルタール人:ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析

 ヒトと、ヒトに最も近い種で絶滅したネアンデルタール人のゲノム(全遺伝情報)を独米などの研究チームが比較した結果、過去に一部が混血し、ヒトにもネアンデルタール人に由来する遺伝子が残っている可能性があることが分かった。チームが7日発行の米科学誌サイエンスに発表した。【斎藤広子】

 独マックスプランク進化人類学研究所などの研究チームは、クロアチアで出土した約3万8000年前のネアンデルタール人3体の骨の化石の細胞核からDNAを取り出し、ゲノムを解析。アフリカ南部▽同西部▽パプアニューギニア▽中国▽フランスのヒト5人のゲノムと比較した。その結果、アフリカ人を除く 3人の方がネアンデルタール人のゲノムと一致する率がわずかに高かった。チームは、アフリカで誕生したヒトの一部が8万年前以降にアフリカを離れた後、ユーラシア大陸に広がる前に中東近辺でネアンデルタール人と混血した可能性があると指摘。「ヒトの遺伝子の1~4%はネアンデルタール人に由来している可能性がある」と推測している。

 これまでヒトの細胞内のミトコンドリアDNAの分析などから、ヒトの祖先はアフリカで15万~20万年前に誕生して以降、絶滅した他種と混血しな いまま、ユーラシア大陸を経て全世界に広まったという「アフリカ単一起源説」が主流だった。一方、ネアンデルタール人については、ヒトと共存する時期があったことや、両者の交流を示唆する石器が発見されていることから、混血の可能性も指摘されていた。

なお他社の見出しでは、

ネアンデルタール人、現生人類と交配  ナショナルジオグラフィックス
ネアンデルタール人、現代人にも遺伝子…10万~5万年前に交雑か  読売新聞
ネアンデルタール人の遺伝子、我々にも? ゲノムで解明  朝日新聞

となっている。ともあれ「現生人類と交配」という断言は言い過ぎ。ある前提条件に立って行った推定が事実によく一致するとしても、それはあくまでも推定でしかない。

 ともあれ、以前、現生人類とネアンデルタール人の間で、母性遺伝するミトコンドリア・ゲノムを比較した論文があったが(著者は今回の論文と一緒)、その研究で明らかにされた範囲では、ネアンデルタール人と同じミトコンドリアゲノムの型は、現生人類からは見つかっていない。・・・少なくともネアンデルタール人の女性を母とした現生人類の祖先が居た痕跡は見られなかったということだった。

 そして今回の論文では、現代のアジア人、ヨーロッパ人の核遺伝子の1-4%はネアンデルタール人に由来している可能性があると推定している。

 これら両方の論文の整合性を考えると、もしかしたらネアンデルタール人の父と、現生人類の祖先の母のカップルが居たかもしれない・・・もし幸福な結婚であったなら、だけれども・・・という推定ができそうだ。そして、そういった結婚のイベントはただ一回ではなかっただろうと。

 ところで、誰しも自分自身のことを悪く言いたくはないからだろうか。新聞各社とも、かつて生じていた(かもしれない)近縁種からの浸透交雑(introgression)を”遺伝子汚染”とは言わないのだな。これは一種のダブルスタンダードではないだろうか。

人気blogランキングへ←このエント リーの情報はお役に立ちましたか?

« 一人の凡庸な科学者として私はそう思うのだ。 | トップページ | 科学は知の異種格闘技か? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/48296488

この記事へのトラックバック一覧です: ネアンデルタール人からの浸透交雑は”遺伝子汚染”とは言わないのだね:

« 一人の凡庸な科学者として私はそう思うのだ。 | トップページ | 科学は知の異種格闘技か? »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ