2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 2009年9月27日 - 2009年10月3日 | トップページ | 2009年10月11日 - 2009年10月17日 »

2009年10月4日 - 2009年10月10日の記事

2009年10月 9日 (金)

慢性疲労症候群の患者さんに高頻度のXMRV感染

本題ではないけれど、オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞。
# 在任中に戦争を始めませんように。

今日はXMRVをキーワードにこのblogを訪ねる方が多いようだったので、関連のニュースをフォローする。毎日新聞より。

慢性疲労症候群:マウス白血病「XMRV」ウイルスが原因

 原因不明の強い疲労が続く「慢性疲労症候群」の患者は、マウスの白血病ウイルスに近い「XMRV」に極めて高率で感染していることが、米国立がん 研究所などの分析で分かった。9日付の米科学誌サイエンスに発表した。同症候群の原因に、ウイルスの過剰増殖による免疫反応の異常があり、研究チームは 「XMRVが関与している可能性が出てきた」と説明している。

 血液検査の結果、米国の患者101人のうち68人(67%)でXMRVが陽性反応を示した。健康な人の陽性は218人中8人(3.7%)だけだった。

 同症候群は1980年代に米国で確認され、世界に約1700万人の患者がいると推定される。これまでの研究で、さまざまなストレスにさらされ続けると、免疫や神経の働きが乱れて発症することが分かっている。【永山悦子】

上記記事のオリジナルの論文はこちら

  1. Vincent C. Lombardi et al., “Detection of an Infectious Retrovirus, XMRV, in Blood Cells of Patients with Chronic Fatigue Syndrome,” Science (October 8, 2009): 1179052, doi:10.1126/science.1179052.   

XMRVが慢性疲労症候群の原因ウイルスとされたわけではない。慢性疲労症候群とHHV6の関連も言われているので、はっきりしたことはまだわからない。

論文によれば、健康で慢性疲労症候群を発症しておらずなおかつXMRVに感染しているヒトの血球細胞ではXMRVのタンパク質は発現していなかったので、これらのケースは不顕在感染と言うべきかも知れない。これらの感染者は直ちに慢性疲労症候群を発症する訳ではないので、感染性のあるXMRV粒子を産生するような条件は、XMRVへの感染の他にあると考えるべきだろう。

なお、この論文では、XMRVを保有する慢性疲労症候群の患者の血球あるいは血清からXMRVが伝達(再感染)するかどうかを検定している。その結果、in vitroの試験では患者の血球あるいは血清からT細胞への感染が確認された。

従前は前立腺がん患者のうち、遺伝的にRNAse L遺伝子の欠損(RNASEL)のある人で高効率のXMRV感染が見られたのだが、今回の研究ではこの遺伝子型との相関は見られていないので、今のところ誰でもXMRVに感染する可能性は同程度と考えるべきだ。

つまり、XMRVは、HIVやHTLVのように輸血や血液製剤を介在して感染する可能性が示唆されたことになる。厚生労働省と日本赤十字社は大規模調査の実施など早く手を打った方が良いだろう。

マウス白血病のウイルスと言っても良いのだろうけれど、XMRVはもうヒトのレトロウイルスと考えた方が良いかも。

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

2009年10月 8日 (木)

狭心症

まいった。

最近、数分歩くだけで頬の下から鳩尾にかけて、体の前面が痛む。筋肉痛のような痛みで、軽い運動であれば数分でおさまるが、長い場合は10分ほど続く。

5月ころまでは時折痛む程度だったのだが、9月に入ってから毎日、しかもちょっと歩くだけで痛むようになってきたので病院に行くことにした。

家族性高脂血症、高コレステロール血症、高血圧と、循環器系のリスクファクターがそろっているし、父と兄は脳梗塞にかかったし、祖父と叔母は心筋梗塞で亡くなっているので、とりあえず狭心症を疑った。循環器科を受診したが、安静時の心電図では異常なし。後日負荷試験を行なうとのこと。

# で、まだ診断が付かないので家にあったOTCのアスピリンを飲んでおくことにした。

今日、改めて、心エコー+トレッドミル運動負荷試験を受けた結果、安静状態の心エコーでは異常はないものの、負荷試験の心電図では典型的な狭心症のパターンとのこと(詳しい説明はなかったが多分ST降下)。バイアスピリンと、アイトロール(20 mg)を処方された。バイアスピリンは、おなじみのアセチルサリチル酸。

アイトロールの主成分は一硝酸イソソルビド。目的とする作用はきちんと現れており、血圧は110-73(脈拍72)とよくコントロールされているが、運動時の痛みに対する効果はまだ分からない。

初めての服用なので副作用に要注意だが、どうも、服用後2時間程度で、胃もたれ(0.1%未満)、ふらつき(0.1-5%)を感じる。しかし、それほどたいした問題ではない。添付文書の吸排試験のデータによれば、服用後2時間程度で血中濃度が最大になるので、今頃の血圧が異常に低下していないのであれば、服用を続けて問題ないだろう(あとは長期服用の際の副作用で肝機能に影響が出る場合があるので、定期的に血液検査でモニターすることになる)。

# 最近、仕事柄、薬の添付文書を見ると、このデータはPhase Iで取ってるんだなとか、Phase IIの症例あたりの改善程度のスコアにはこういう指標を取っているのかとか、そういうところに目がいく。

運動後の痛みから考えると労作性の狭心症で、多分、器質性だろう。来週は、心臓カテーテル検査を受けて血管造影をして狭窄の部位と程度を特定することになるが、どうも単純な器質性ではなくストレス性の原因もあるような気がする。

# 父が脳梗塞で倒れて見舞に行き始めた時期と、補正予算関係の作業を始めた時期、胸部の痛みを自覚するようになった時期がほぼ重なっているので。症状が悪化するようであれば、仕事の負荷を減らしてもらおうか。

人気blogランキングへ←このへん、クリックしていただけますと、私も若干元気になるかもしれません。

2009年10月 7日 (水)

センダイウイルスベクターによるiPS細胞作成

10/6の毎日新聞より。同様のアプローチを取っていた産総研はどうなっただろう。

iPS細胞:作成、安全性向上成功--茨城・つくば市の企業

 ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、がんになりにくい安全性の高い手法で、従来よりも効率よく作り出すことに、ベンチャー企業「ディナベック」(茨城県つくば市)が成功した。14日発行の日本学士院紀要10月号に発表する。

 山中伸弥・京都大教授は、体細胞にレトロウイルスを使って四つの遺伝子を導入し、iPS細胞を開発した。だが、レトロウイルスは遺伝子を細胞の核 の染色体に組み込むため、がん化しやすい問題があった。このため、別のウイルスを使ったり、導入する遺伝子を減らすなどの手法が国内外で研究されている が、いずれも作成効率が低い。

 新手法は、遺伝子治療などに使うセンダイウイルスによって4遺伝子をヒトの皮膚細胞に導入、従来の約10倍の効率でiPS細胞ができた。作成した iPS細胞からは、心筋細胞や神経細胞などの細胞ができた。センダイウイルスの場合、遺伝子が核内に入り込まず、iPS細胞になった後に導入した遺伝子がウイルスとともに消失するため、がん化の恐れも少ないという。【永山悦子】

センダイウイルスのゲノムはRNAなので、宿主細胞のゲノムへの転移の可能性はまず無視して良い。ただ、細胞指向性はどうなのだろう?あまりえり好みが激しいと感染効率が下がってしまうのだが。

# ちなみに、この「ディナベック」の研究所は私の自宅から徒歩15分圏内にある。

人気blogランキングへ←このエントリーの情報はお役に立ちましたか?

« 2009年9月27日 - 2009年10月3日 | トップページ | 2009年10月11日 - 2009年10月17日 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ