2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« セイヨウナタネと在来ナタネの自然交雑 | トップページ | 文部科学省二種告示改正の意見募集 »

2009年8月24日 (月)

アメリカ環境医学会のポジションペーパー

遺伝子組換え作物の即時出荷停止を求める”アメリカ環境医学会のポジションペーパー”なるものが発表されたらしい。

オリジナルはこちら

理由は、

"GM foods pose a serious health risk"ならびに
"Multiple animal studies have shown that GM foods cause damage to various organ systems in the body. With this mounting evidence, it is imperative to have a moratorium on GM foods for the safety of our patients' and the public's health," said Dr. Amy Dean, PR chair and Board Member of AAEM.

だそうだ。

即時出荷停止を求めるほど公衆衛生上の有害性に自信があるなら、開発企業と政府を相手取って集団訴訟を起こせば良いのにね。

しかし、仮に、合衆国が遺伝子組換え作物の即時出荷停止を行えば、何が起こるか考えてみると良い。

国際穀物市場では供給がたちどころに逼迫し、価格が高騰する。食料自給率が低い国は、食料調達に難渋する。お金がある国はまだ穀物を買えるかもしれないが、貧しい国は飢餓に見舞われるだろう。お金がある国でも食料価格は高騰し、国民生活を圧迫することになる。

これまでのところ、遺伝子組換え作物によって健康被害は発生していないだろう。飢餓を超えるほどの被害が発生するのなら話は別だが、リスクとベネフィットを秤にかけて考えれば分かるように、あやふやな根拠で規制をかけた場合の損失は計り知れない。

人気blogランキングへ←このへん、クリックしていただけますと、私も若干元気になるかもしれません。

« セイヨウナタネと在来ナタネの自然交雑 | トップページ | 文部科学省二種告示改正の意見募集 »

コメント

アメリカ環境医学会についての追加情報。今日、とある会議で久しぶりに耳にしたのでメモ。

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20090824#p9
http://www.aaemonline.org/AboutUS.html
---
この団体が関連団体として紹介している
 http://www.aaemonline.org/Corporate.html
Doctor's Data社は、インチキの検査でキレート療法をすすめている病院の子会社で詐欺で告訴されている
 http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20090721#p20
とのこと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/46020698

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ環境医学会のポジションペーパー:

« セイヨウナタネと在来ナタネの自然交雑 | トップページ | 文部科学省二種告示改正の意見募集 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ