2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 食品安全委員会委員長候補、参議院で不同意 | トップページ | mct118型検査 »

2009年6月 7日 (日)

半人工的な生態系の維持は生物多様性に貢献するか?

6月7日の読売新聞社説より。

” 日本でもかつて、国土の開発が急速に進み、自然破壊が顕在化したが、近年は自然保護に配慮した開発が一般化したといえよう。喫緊の課題は、里山の保全・再生ではないだろうか。

 樹木を伐採して炭にする。落ち葉を肥料に活用する。日本人は人里近くの野山に手を加え、生活に役立ててきた。里山は人間と自然の共生の象徴といえる。

 だが、近年、山間部の過疎化などで里山の手入れが行き届かなくなった。竹に侵食された里山も少なくない。里山は、日本固有の動植物の生息の場でもある。その荒廃は、生態系に大きな影響を及ぼしている。”

里山の”荒廃”が生態系に影響を及ぼすとして、それは”誰にとって望ましくない”ことなのだろうか?

たとえば、阿蘇の草千里は千年にわたる里人の野焼きで維持されているし、佐賀県の虹の松原も住民の芝刈りと松葉の除去で下生えを管理して維持してきた。各地の里山の維持もそれと同様なのだが、人手が入らなくなると荒れる

この荒れるという状態の推移は現在でも各地で見られるのだが、将来にわたって際限もなく変化が続くという意味ではない。Reinhold Tuexenらによれば、いずれはその地域の気候帯に見合った自然な均衡状態、つまり、潜在自然植生へと戻っていくと考えられる。

実は、耕作放棄地が山林や原野に戻っていく過程もこれと同じような現象だ。その回帰の過程では、水田という人為的な生態系を生活の舞台としていた小型の魚類や、それを餌にする鳥類は姿を消すだろう。コウノトリの里も、トキの里も、人為的な生態系であって人手の入らない自然環境とはほど遠い。そういう環境は縄文時代には普通ではなかったはずなのだ。その気候帯・風土の本来の生物多様性のベースラインは、原生林や原野であって人里ではない。私はそう思う。

人手の入っていない自然な状態への回帰の過程を、我々は自分達の都合で荒れると言っているに過ぎない。それが生物多様性の保全という観点からどのように望ましくないのか、私には良くわからない。それのどこが問題なのだろう?

私は原野だらけの北海道出身だから特にそう思うのかもしれない。関東に住んでいると手つかずの自然などまず目にしないし、このような社説を読むと、都会に生活基盤を置いている人達にとって、自然とは守ったり維持したりするものと考えている様に見受けられる。そうではなくて、放っておいてあるがままの状態に落ち着いたところが自然なのだ。

スーパーで売られている農産物や食料品に「自然の恵み」と書いてあるのを目にすると、「我々の食べ物で、真に”自然の恵み”といえるのは養殖でない海産物くらいだろ(鯨を含む)!」と突っ込みたくなる。自然はそんなに気前よく人類に恵みを分け与えたりはしないものなのだ。

---

同じ社説からもう一点。

”日本は食料の多くを輸入に頼っている。食卓に上る魚介類や肉、穀物などは、世界各地の多様な生物の恵みそのものといえる。世界的な視点で生態系の維持を考える必要がある。”

あのぅ・・・。魚介類を生物多様性の文脈で語って頂くのは結構だが、肉や穀物はちょっと違う。野生動物の肉を輸入している訳ではないし、穀物は外国の農家が栽培したもので、手付かずの生態系から採取してきたものではない。

人気blogランキングへ←このエントリーの情報はお役に立ちましたか?

« 食品安全委員会委員長候補、参議院で不同意 | トップページ | mct118型検査 »

コメント

以前どこかのサイトに「いったん人手が入った自然は、荒れてしまうと元に戻るのに数千年から数万年かかってしまう」とあって、「荒れるってどういうこと?」、「それで誰が困るの?」と考え込んでしまいました。すると、「野生の動物や草木が困るから、我々が守って行きましょう!」という話だったので、お前は神様かと・・・。

 どうも、この手の話はそれぞれの人のあいまいな認識と自分の生きていた時代の事を不自然に美化して都合の悪いところを見ないようにして議論がされている様な気がする。
 まず、50円前、100年前、150年前、200年前、その場所がどのような利用のされ方をして、どのような状態だったか知ることから始めないといけないと思う。
 過去の植生の変化は日本人は里山を維持しようといた訳ではなく、その時代時代の状況で山や丘陵の風景は変わっていた。その変化は必ずしも好ましいものだけでなく禿山、土砂災害なども引き起こしていたが、それをもたらした人口圧力その他の原因をその当時の執政者はどうにも出来なかった。その結果としての風景が長い間続いていた。その様な変化の中でも寺や神社の森は守られた。ただ、それは一般の人の立ち入りが制限されていた事と、建物の補修の木材の確保のため保存されていたと言う理由がある。石炭、石油、小魚の肥料を使うことにより、森林の過度の利用が無くなり出来たのが、明治の中ごろの里山だ。様々な偶然が重なって出来上がったものを日本人は自然と共生していたと美化するのはどうも良くないと思う。少なくとも子供たちにはその様な事実でない事を教えるのはどうなのだろうか。
 木が鬱蒼としていたら、騎馬による合戦は出来ないです。江戸時代や明治のころ、山や丘陵がにどの様な姿として描かれ記述されていたか。その所をまったく無視するのはまずいと思う。
 県や町ごとに、どれだけの森林があり、植生その他の状況、その変化を見て、対策が必要だと思う。その時にここはどうする、そこはどうすると、場所ごとに対応が違っても良いと思う。ただ、潜在植生に戻す場所も少しはほしいと思う。江戸時代や鎌倉時代に草原だった場所を草原として管理するのも教育としてはありだと思う。(禿山は要らないけど)
 生物多様性に里山を持ってくるのはどうも卑怯な気がする。里山は森林と草原のハイブリッド、両方の植物と昆虫がいる。だから数が多くなる。数だけ考えたら、鳥取砂丘に建築廃土を盛って植林するのが良い事になってしまうが。ただ、絶滅危惧種がある場所を緊急避難としてその狭い場所に限って管理をするのは必要なことだと思う。歴史的な植生は松林や草原、禿山もある。禿山はあえて再現する必要はないでしょうが、里山以外も歴史的風景として小面積は維持管理しても良いと思う。
 自然植生は、一様ではない、枯れ木も倒木もある。林床は暗い場所と明るい場所とある。潜在植生の状態を本当に理解しているのだろうか。
 需要を超えて植林した場所は、段階的にもとの植生に戻しても良いと思う。赤字を垂れ流し続けながらでも維持したいというのならそれも一つの選択だが。その理由に、自然保護を挙げるのはやめてほしい。

悲しいことに、人間が利用すると言う観点で自然を切り取って眺めることが世界的にも広まっている。

生物多様性条約の前文は(大仰な前提条件の羅列の後に)次のように締めくくられている。

”現在及び将来の世代のため生物の多様性を保全し及び持続可能であるように利用することを決意して、次のとおり協定した。 ”

そして第一条には次のようにある。
”この条約は、生物の多様性の保全、その構成要素の持続可能な利用及び遺伝資源の利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分をこの条約の関係規定に従って実現することを目的とする。”

この文章の読み方には若干自信がないのだが、この条約による生物多様性保全の目的は、持続的利用と利益配分の公平性の担保であると。つまり、あくまでも人間の都合で自然保護をするのだ、と謳っている。

まあ、”自然”や”生物”には人格も自己決定権も認められていないのだから仕方がないのだろうが。

私は、それとは若干違った自然観を持っているらしい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/45266429

この記事へのトラックバック一覧です: 半人工的な生態系の維持は生物多様性に貢献するか?:

« 食品安全委員会委員長候補、参議院で不同意 | トップページ | mct118型検査 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ