2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 風邪のウイルスの全ゲノム解析 | トップページ | Quantile Normalization »

2009年2月16日 (月)

同一種?

両極の海洋生物で、235種は共通していたというニュース。朝日新聞より。

北極にも? 南極にも? なぜか235種の同一生物生息

2009年2月16日11時10分

 【ワシントン=勝田敏彦】海洋生物の分布を地球規模で調べる「海洋生物センサス(国勢調査)」を進める国際グループが15日、北極と南極の海に235種もの同一とみられる生物が生息していたと発表した。長距離の移動ができない生物も含まれており「なぜ1万キロ以上も離れたところにいるのか」と研究者を驚かせている。

 海洋生物センサスは、日本など80カ国以上の数千人の研究者が携わり、2010年の調査結果公表に向けて調査を進めている。

 両極の調査もその一環で、07~08年、南極の海で確認した7500種、北極の海で確認した5500種のうち、少なくとも235種が同一種らしいと判明。長距離の移動ができるクジラや渡り鳥もあるが、数センチの節足動物(エビやカニなどの仲間)や軟体動物(巻き貝などの仲間)もいた。今後、DNA分析で同一種の確認をとり、なぜ同じ生物が二つの極地に分かれたのか、その起源に迫る。

 同じ極地でもホッキョクグマは主に北極域に、ペンギンは主に南極域にすんでいる。

 また今回、冷たい水を好む海の生物が極域に向けて移動していることもわかった。グループは、地球温暖化に伴う海水温の上昇の影響と考えている。

ものによっては卵や幼生の状態で、渡り鳥の足にでも付いて両極を移動するものがいないとも限らないが、それでも結構な個体数がいなければ繁殖して集団をいじすることは難しい。深層流のような海流で流されてきたというシナリオの方がまだ納得できる。

クジラ等は、たしかに長距離を移動するが、繁殖地を中心に分布を見ると地域集団に分化しているケースもある。プランクトンやベントスのように遊泳能力が低いものについても、今回の調査のように、両極にいたと言うだけでなく、もう一歩踏み出して両極の集団がどのくらい分化しているかを比べてみれば、移動のシナリオに目鼻が付くのではないだろうか。

人気blogランキングへ←このエントリーの情報はお役に立ちましたか?

クリックしていただけると筆者が喜びます!

« 風邪のウイルスの全ゲノム解析 | トップページ | Quantile Normalization »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/44085096

この記事へのトラックバック一覧です: 同一種?:

« 風邪のウイルスの全ゲノム解析 | トップページ | Quantile Normalization »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ