2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 体細胞クローン牛の安全性評価 | トップページ | 島津製作所から微量測定用の分光光度計 »

2009年1月 7日 (水)

二次方程式って高等数学なのか?

英国の有力紙、The guardianに見事なまでに愚劣な論説が掲載されている。一読あれ。
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2008/jun/06/maths.alevels

筆者Mr. Simon Jenkinsは数学は時間の無駄遣いだと主張。16歳まで高等数学を学んだとのこと。記事の表題は”Maths? I breakfasted on quadratic equations, but it was a waste of time”(数学?二次方程式を解きながら朝飯を食べたけど、時間の無駄だったね。)とある。高校生が解く二次方程式を高等数学と言うかどうかを論じる気は無いが、数学を時間の無駄と切って捨てる姿勢はいただけない。

数学を否定すれば、統計学も否定せざるを得ない。ノイズとシグナルの区別もつかないので、誤差なのか有意な違いなのか区別できないという恐ろしい事態になる。数学を科学を否定するのは、それを強力なツールとしている科学全般を否定するのと変わらない。

# 工学も計量経済学も、行動科学も言語学も認めないということだね。

大英帝国は産業革命の発祥の地である。しかし、同時にラッダイト運動の発祥の地でもあることを思い出さずにはいられない。

ちなみに、この論説には自由にコメントが書き込めるようになっており、概ね否定的なコメントが寄せられているところに若干の救いを感じる。一方、ジャーナリストがしばしば歪んだリスク報道をしがちなのか理解する鍵がここにある・・・のかもしれない。

人気blogランキングへ←このエントリーの情報はお役に立ちましたか?

クリックしていただけると筆者が喜びます!

« 体細胞クローン牛の安全性評価 | トップページ | 島津製作所から微量測定用の分光光度計 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/43670077

この記事へのトラックバック一覧です: 二次方程式って高等数学なのか?:

« 体細胞クローン牛の安全性評価 | トップページ | 島津製作所から微量測定用の分光光度計 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ