2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 北海道新聞1/26の社説 | トップページ | フグ調理の免許制度がないのが問題なのか? »

2009年1月28日 (水)

CV360カートリッジが廃版?

実験室のクリーンベンチで、ガスカートリッジ式のバーナーを使っている(これ)。燃料は、Camping gazで作っているCV360というフランス製のブタンガスカートリッジだ。

それが廃版になって、後継製品もないのだという。本当かな。取り扱いはColeman Japanだ。昔、私が山歩きをしていた頃は、Camping gazとColemanは別の会社だったのだが、96年にColemanがCamping gazを買い取ったらしい。ふーん。

で、カセットコンロのボンベが使えるブンゼン・バーナーがないものかと探してみたら、ありました。こういうもの(フェーゴ・ベーシック)。価格はなんと、\77,805!これに、ガスボンベ用のアダプターが\30,000 + フットスイッチが\10,000。計12万円ほどになる。10年使えても、年1万2千円でさらに燃料費がかかる。

コストパフォーマンスから言えば、アルコールランプの方がいいでしょう。例えばパイトーチとか(\3,591)。

ガスバーナーであればラボガス(\7,880)(これもCamping gazのカートリッジだな。C206? ライターで点火?)とか、卓上ミニガスバーナー(\6,483)というものもある。一応、カセットコンロのガスが使えるパーソナル・バーナー(\29,460)というものもあるが、実績からいえば(たまたまハズレの個体なのかもしれないが)故障しがちなので、これはチョット・・・。

フットスイッチで手がふさがっていても点火できるようなバーナーはあまりないものだな。

おお、これで延命する方法もあるか!むしろ、これ(\3,360)でバーナーに家庭用のカセットコンロのガスを直結できればOKではないか。あるいは、LPGの使えるバーナーであれば、これでも良い。まぁ、受注生産では研究費では買えないか・・・。

# 研究費から数万円出すか、自腹で3千円ちょっと負担するか・・・。

人気blogランキングへ←このエントリーの情報はお役に立ちましたか?

クリックしていただけると筆者が喜びます!

« 北海道新聞1/26の社説 | トップページ | フグ調理の免許制度がないのが問題なのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/43886267

この記事へのトラックバック一覧です: CV360カートリッジが廃版?:

« 北海道新聞1/26の社説 | トップページ | フグ調理の免許制度がないのが問題なのか? »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ