2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 生物学か生命科学かはたまたバイオテクノロジーか | トップページ | 世界同時食糧危機(2)食糧争奪戦~輸入大国・日本の苦闘~のまとめ »

2008年10月20日 (月)

[業務用覚書] 酵母の迅速タンパク質抽出法

SDS-PAGE用のサンプル抽出法としての酵母タンパク質のalkaline prep.

オリジナル

Kushnirov, V. Rapid and reliable protein extraction from yeast

http://www3.interscience.wiley.com/journal/72504790/abstract?CRETRY=1&SRETRY=0

改良版

von der Haar, T. Optimized protein extraction for quantitative proteomics of yeasts.

http://www.plosone.org/article/info:doi/10.1371/journal.pone.0001078

試してみたら簡単便利。培養液150-200 μL相当(OD600=2.0-5.0)までスケールダウンして、細胞をボイルするステップにサーマル・サイクラーを使えば大量処理もできる。粗タンパクの抽出効率はグラスビーズによる破砕よりは劣るが、きわめて簡便でチューブ1本で処理できる点では非常に優れている。

ただ、アルカリでポイルすると膜タンパクは凝集するので、その用途には向いてないとの情報あり。しかし、電気泳動の際にwellにスタックすることは無かったので、まずは試してみる価値はある(膜タンパクが完璧に不溶化して沈殿している可能性は否定できないが)。

オリジナルを見るとbeta-MEの効果が絶大なことがわかる。あるのと無いのとでは細胞からのタンパク質のリリースの効率が格段に違う。プラスミド抽出や形質転換の際にもbeta-MEやDTTで効率が上がるという論文もあり(大抵入れているし)、酵母の細胞壁をゆるめるには、この種の還元剤が良く効くのかもしれない。

・・・けど、酵母のコロニーPCRに還元剤を入れると言う話は聞かないな。今度入れてみよう。多分、beta-MEの0.1-1%で十分だろう。細胞壁を緩くするというのが本当なら、それなりの効果はあるはずだ。

澱粉の多い植物組織からのタンパク質抽出からみると、酵母は簡単です(特殊なものはわかりませんが)。
 

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

« 生物学か生命科学かはたまたバイオテクノロジーか | トップページ | 世界同時食糧危機(2)食糧争奪戦~輸入大国・日本の苦闘~のまとめ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/42854182

この記事へのトラックバック一覧です: [業務用覚書] 酵母の迅速タンパク質抽出法:

« 生物学か生命科学かはたまたバイオテクノロジーか | トップページ | 世界同時食糧危機(2)食糧争奪戦~輸入大国・日本の苦闘~のまとめ »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ