2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« ヒトES細胞への遺伝子導入技術の改良 | トップページ | アンピシリンが目に入った場合 »

2008年8月27日 (水)

[業務用覚書] LyticaseってZymolyaseと一緒だったのか

Google earthで見るとシカやウシの寝るときの方角が、地磁気の磁極を向く傾向があるというニュースが今日のトレンド。

オーストラリアや南米のウシはどっちを向くんだろう。

ヒトは、というと日本では北枕はいけないというが、その根拠は定かで無い。


 

プラスミド抽出キットのメーカーから指定されている都合でSigma-Aldrich のLyticaseと言う酵素を使っている。 試薬のボトルをよく見ると"Product of Japan"と書いてある。

バクテリア由来の酵素の工業的精製にかけては、日本は世界的に見ても優れた技術を持っているので良くあることだ。では、 同等品が日本のメーカーから売られていればもっと安く調達できるはずなので調べてみた。
Sigma-Aldrich のホームページによれば、

Lyticase
Synonyms: Zymolyase
from Arthrobacter luteus

とある。なんだ。生化学工業のZymolyaseと一緒か。じゃぁ今度からそっちにしよう。

ちなみにプラスミド抽出キットで指定されているSigma-AldrichのLyticaseは
Product Number L5263 (lyophilized powder, min 4,000 un/mg protein)が50,000Uで\28,500。
生化学工業のZymolyase-20Tは1g (20,000U)で\10,000、Zymolyase-100Tは500 mg(50,000U)で\39,000。

ユニットあたり単価は、L5263は0.57 \/U、Zymolyase-20Tは0.5 \/U、 Zymolyase-100Tは0.78 \/Uなので、Zymolyase-20Tが若干安い。

純度が高い製品の方が一見良さそうではあるが、秤量して小分けするのが大変なので、 Zymolyase-20Tが扱いやすいかもしれない。よく見るとprotease活性も結構高いが、 これも細胞壁分解には効いていたりして。

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

« ヒトES細胞への遺伝子導入技術の改良 | トップページ | アンピシリンが目に入った場合 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/42292953

この記事へのトラックバック一覧です: [業務用覚書] LyticaseってZymolyaseと一緒だったのか:

» シカ、ウシも地磁気を感知、「グーグル・アース」調査:防災科研、ゲリラ豪雨観測体制強化 [自分なりの判断のご紹介]
もう8月も終わりですね。 局地的豪雨で台風では ないけれど、210日も 豪雨でしょうか。 気象庁の予測はあてに なりませんけど、近年 頻繁におこるゲリラ豪雨の 観測体制を強化する ようですね。 ゲリラ豪雨:特殊レーダーを増設... [続きを読む]

« ヒトES細胞への遺伝子導入技術の改良 | トップページ | アンピシリンが目に入った場合 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ