2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« がん化しにくいiPS細胞 | トップページ | フランス政府の謀略か? »

2008年7月28日 (月)

ビスフェノールAに低用量効果はない、と言う論文

食品安全情報blog経由。

この件、食品安全委員会の評価が始まるまで静観しようと思っていたのですが、新しい論文が出たので、とりあえずメモ。

Tyl, RW et al. Two-Generation Reproductive Toxicity Study of Dietary Bisphenol A in CD-1 (Swiss) Mice. Toxicological Sciences 2008 104:362-384; doi:10.1093/toxsci/kfn084

プレスリリースはこちら

     
  • 供試材料はマウス二世代(国立医薬品食品衛生研究所の試験はラット。こちらに良いまとめがあります。)  
  •  
  • ビスフェノールAの用量は0, 0.003, 0.03, 0.3, 5, 50, or 600 mg   BPA/kg/day
  •  
  • 要は高容量とポジコンでは影響があったものの、低容量では成体、産仔とも異常なしとのこと(There were no   BPA-related effects on adult mating, fertility or gestational   indices, ovarian primordial follicle counts, estrous cyclicity,   precoital interval, offspring sex ratios or postnatal survival,   sperm parameters or reproductive organ weights or   histopathology (including the testes and prostate))。

国立医薬品食品衛生研究所の試験でも発情周期を指標としていたようですが、こちらでは発情周期には影響なしとしています。

ヒトのビスフェノールAの吸排に関するEFSAのAFCパネルの意見も公表されたことですし、 食品安全委員会の判断の参考資料となることは間違いないでしょう。

食品安全委員会のリスク評価としては、結局、現行の規制値で十分と考えるか不十分と考えるかでしょう。 以前のエントリーにも書きましたが、げっ歯類で何らかの影響があると言うことと、 ヒトでリスクがあるということの間のには結構大きな開きがあります。

勝手な予想ですが、落としどころとしては、”科学的には影響は無いとまではいえないかもしれないが、あっても軽微。 現行基準値でも十分”として、環境ホルモンの危険を警告する国立医薬品食品衛生研究所等の一部の人々の面子を守りつつも、 社会的な混乱を起こさないように配慮するというところでしょうか。それとも、毒性部が大々的にテレビで流すなど研究成果の意図的リーク (たしか、機関としてのプレスリリースはしてないよね)をしたにもかかわらず、”この試験方法では確かなことはいえない” とダメだしをされるでしょうか。

# 白黒付けないですます、という対応は後々禍根を残すことが多いんですけどね。

EUやカナダでは国際的な対応も二分しているところですから、”低用量効果”を巡る食品安全委員会の今後の議論に注目です。

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

« がん化しにくいiPS細胞 | トップページ | フランス政府の謀略か? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/41998004

この記事へのトラックバック一覧です: ビスフェノールAに低用量効果はない、と言う論文:

« がん化しにくいiPS細胞 | トップページ | フランス政府の謀略か? »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ