2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 産業技術総合研究所の特許生物寄託センターの病原微生物管理:調査委員会調査報告書公表 | トップページ | "ミートホープ事件"論告求刑公判 検察の主張はまともか? »

2008年3月 5日 (水)

稚内の隠れた逸品-宗谷の黒牛カレー-

黒牛カレー1

頂き物の”宗谷の黒牛カレー”。内容量200gのレトルトカレーなんですが、そのうち60-70グラムは肉なんじゃないかと言うくらい、大量の かたまり肉が入っている。コストを考えてしまう大手メーカーには絶対に作れない代物だ。肉が多いと言うだけでなく、かなり美味い。 あまり辛くはないが、炒めた玉葱とフルーツのさりげない甘みが効いている欧風のカレーだ。値段は・・・頂き物なのでよくわからないが、 多分600-700円くらいではないだろうか。大手メーカーのレトルトカレーよりも高いが、 それでも各地のご当地カレーと互角に渡り合えるだけの品質と価格だと思う。

メーカーのホームページはこちら。ホームページでは、 たこカレー、ホタテカレー、黒牛カレーの3品で1,890円なり。しかし、黒牛カレーの単品はラインナップされていない。 電話注文もできるので、興味のある方はどうぞ。あるいは、宗谷岬にある直営店の”アルメリア” まで買い付けに行くのも良いかもしれない。それ以外に、どこで売っているのか皆目見当がつかない。

ちなみに、私は宗谷岬の丘の上にあるこの店に行ったことがある。観光のオフシーズンで、そりゃもう寂しい限り。客は私と妻と、 私の父のみという。いつまで営業を継続できるかわからない状態ですので、行くのであればお早めに!(・・・って、 稚内までレトルトカレーを買いに行く人もいないだろうが。)

インターネットで”宗谷の黒牛カレー”を検索しても食べた人のブログくらいしかヒットしない。 しかも、「地元にいながらこういう知らないものが稚内にはやたらと多い」と書かれている。・・・地元稚内でも、 知ってる人はあまりいないのか?もう、「幻のカレー」と呼んでも良いかもしれない。 ご当地カレーはもう食べ尽くしたと思っている方にもお勧めの一品です(味でも、レアものという点でも)。

 

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

 

« 産業技術総合研究所の特許生物寄託センターの病原微生物管理:調査委員会調査報告書公表 | トップページ | "ミートホープ事件"論告求刑公判 検察の主張はまともか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/40386086

この記事へのトラックバック一覧です: 稚内の隠れた逸品-宗谷の黒牛カレー-:

« 産業技術総合研究所の特許生物寄託センターの病原微生物管理:調査委員会調査報告書公表 | トップページ | "ミートホープ事件"論告求刑公判 検察の主張はまともか? »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ