2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 消費者行政って何だ? | トップページ | 最果タヒと言う詩人 »

2008年2月15日 (金)

”西部のしみの議定書”あるいは直訳分子生物学

たまたま、ファージ抗体について調べていて「西部のしみの議定書」というコトバに出くわした。

こちらのホームページだ。

素直に”ウエスタンブロットのプロトコル”と書けば良いものを・・・。何が何でも直訳しないと気が済まないらしいので、 珍妙な表現であふれている。

  • 緩衝媒体および解決(多分、buffer solution and medium だと思う)
  • 植物ティッシュ文化(多分、植物組織培養、plant tissue culture)
  • DNAの仕事のための緩衝調理法(調理法って・・・?)
  • 実質の時間PCR(realtime PCRなんだろうな)

とにかく、Protocolを全部「議定書」(条約の具体的な中身を決める文書)と訳しているので、妙な議定書であふれかえっている。 もともとはまじめなホームページであるだけに、 悲喜劇というべき有様だ。

今時の自動翻訳の水準ってこんなものなのかな。

 

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

 

« 消費者行政って何だ? | トップページ | 最果タヒと言う詩人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/40134097

この記事へのトラックバック一覧です: ”西部のしみの議定書”あるいは直訳分子生物学:

« 消費者行政って何だ? | トップページ | 最果タヒと言う詩人 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ