2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 最果タヒと言う詩人 | トップページ | 2010年の超高速シーケンス »

2008年2月21日 (木)

Ark of the Arctic

AFP BB Newsで面白い記事を見つけた。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2352890/2656103

「既知の全植物種の種子保存庫、写真を公開」という見出しで、

 「食料農業植物遺伝資源条約(International Treaty on Plant Genetic Resources for Food and AgricultureITPGR) 」に基づき建設中の同施設は、別名「ノルウェー種子バンク(Norwegian Seed Bank)」とも呼ばれている。

とある。いわゆるジーンバンクですな。場所は極北のスバールバル諸島! 私の推測ですが、政治的安定と、冷蔵保存のコストが低いのと、地殻が安定してる、 それから地中だと宇宙線の影響を受けにくいというのが立地条件でしょうか。

えーと、ITPGRの対象は、条約の名前の通り食料遺伝資源です。従って記事の見出しの「全植物種」ってのは、明らかに間違い。 種子保存の対象は作物(とその近縁種くらい?)です。

エントリーの表題の”Ark of the Arktic ”(極地の方舟)というのは、私の命名ではなく"Svalbard Global Seed Vault,  ark"でググったときに出てくるイギリスの新聞社テレグラフの見出しから頂きました。 施設の入り口が方舟のような印象、しかも、施設のミッションも種の保存なのでまさに”Ark”だなー、とおもって調べてみたら、 同じ感想を持った人がいたんですね。しかも極地の”the Arctic”をかけている。英国版親父ギャグのセンスに脱帽です。

でもこちらの記事を読むと、 曰く人口と同じくらいのホッキョクグマが居住地の外をうろついてるのでライフルを持たずに出て行っちゃいけない、とか”Shoot to kill”とか、恐ろしげなことが書いてあります。

遺伝資源関係の職場としてはあまり魅力的な場所じゃないですね。Dr. Cary Fowlerにとってはそうではないようですが。

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

 

« 最果タヒと言う詩人 | トップページ | 2010年の超高速シーケンス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/40211358

この記事へのトラックバック一覧です: Ark of the Arctic:

« 最果タヒと言う詩人 | トップページ | 2010年の超高速シーケンス »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ