2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 未来を読みたければ、空気を読むな | トップページ | ”eBayでDNA合成装置が買える? 「オープンソース遺伝子工学」の時代”という妙な記事 »

2008年1月 3日 (木)

のようなもの、とは何か

昨年末、コシヒカリのようなものというエントリーを書いてからふと思った。

”○○のようなもの”と言うときの、”のようなもの”の指し示す内容には、少なくとも二つの意味合いがある。

その1。

清水義範や、立川志の輔の言う”バールのようなもの”のように使われる”のようなもの”は、 指し示す対象がはっきりとはわからないが、バールであることも排除しない、と言う場合に使われる。

例:凶器は包丁のようなものだな。

その2。

たとえば、疑似科学を指して、”科学のようなもの”と言う場合の”のようなもの”は、指し示す対象が”科学ではない” と言うことを言外に伝えたい、と言う場合に使われる。

例:結婚は鳥かごのようなものだ。外にいる鳥たちは中に入ろうとし、中の鳥たちは出ようともがく。(モンテーニュ)

つまり、”のようなもの”と言う言葉はきわめて文脈依存的で、書き手と読み手の間に、前提となる了解事項が共有されていないと、 表現する内容が伝わらないやっかいな言葉だ。

”コシヒカリのようなもの”は、生産資材としてはあきらかにコシヒカリではないが、 商品としてはコシヒカリであることも排除しないのだな。

私?まぁ、研究者のようなものです(爆)

 

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

 

« 未来を読みたければ、空気を読むな | トップページ | ”eBayでDNA合成装置が買える? 「オープンソース遺伝子工学」の時代”という妙な記事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/17567015

この記事へのトラックバック一覧です: のようなもの、とは何か:

« 未来を読みたければ、空気を読むな | トップページ | ”eBayでDNA合成装置が買える? 「オープンソース遺伝子工学」の時代”という妙な記事 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ