2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« Food Science ”コシヒカリBLは、情報隠しではない(2)”に思う | トップページ | 農業経営者と「工場ワーカー」は違うだろっ! »

2007年12月27日 (木)

”さぬき紅”

    Photo001 お歳暮用に調達した小原紅早生という香川県オリジナル品種のミカン。一箱は自宅用にキープ! 宮川早生の枝変わり品種で皮の色が非常に濃いのが特徴(中身は普通)。まだあまり普及していないので、すぐに売り切れてしまう。

だいたい、香川県産のミカンは茨城県下ではほとんどお目にかからない。特につくばでは、全く見かけない。大抵、熊本県金峰山産か、 愛媛県西宇和産だ。というか、香川県のミカンは、ほとんど香川県下で消費されているのではなかろうか。 四国には愛媛県という一大産地があるし、関西方面には和歌山県もある。静岡県の三ヶ日ミカンも食べたことがあるが、あれも美味かった。 だから、関東までなかなか来ないのだろう。

私は、熊本県金峰山、愛媛県西宇和、香川県坂出、広島県生口島などのミカン山を訪れたことがある。仕事とは関係なく、 お歳暮の買い付けやら、たまたま通りすがっただけだったが、どこも海に向かってひらけた、 日当たりが良く水はけの良さそうな山の西側斜面だった。和歌山県や静岡県の産地には行ったことがないが、 おそらく美味いミカンのとれるミカン山の立地条件としては同じようなものだろう。

今年の夏場は晴天続きで雨が少なかったせいかミカンが滅法美味い。

 

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

 

« Food Science ”コシヒカリBLは、情報隠しではない(2)”に思う | トップページ | 農業経営者と「工場ワーカー」は違うだろっ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/17496945

この記事へのトラックバック一覧です: ”さぬき紅”:

« Food Science ”コシヒカリBLは、情報隠しではない(2)”に思う | トップページ | 農業経営者と「工場ワーカー」は違うだろっ! »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ