2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« トランス脂肪酸と遺伝子組換え大豆 | トップページ | 本当に必要な人材の育成ならば金くらい出さなきゃ »

2007年11月20日 (火)

発熱

18日日曜から発熱。38-39度の熱が続いている。ブログなんか書いてる場合じゃないのだが、覚え書きのため。

日曜の当番病院に行ったら、体温測定、尿検査後、イミュノクロマトでインフルエンザの抗原検査。15分後、 コントロールのバンドしか出なかったのでシロ。

その間に聴診で喘鳴、ラ音の確認、異常なし。咽頭を視診、異常なし。背中、腹部の触診で異常なし。むくみ、黄疸なし、 白目も黄ばんでません。

# リンパ節の触診はして無い。

ということで、インフルエンザでも一般的な風邪の所見でも無いと思うのですが、処方された薬は、抗生物質(クラビット錠)、解熱剤 (ポンタール250mgカプセル)、複合感冒薬(サラザック顆粒)、痰きり(小青龍湯エキス)・・・だから、風邪じゃないと思うんですけど、 どうなんでしょうこの処方って。

幻覚なし、見当識正常。若干の筋肉痛、刺すような頭痛あり。

ポンタールの副作用のせいか、19日午後3-4時くらいと20日早朝3-4時くらいに激しい悪寒、手足の冷感、うっ血あり。 ポンタールの副作用情報と一致する。この薬は腎疾患の患者への投与は要注意なので、尿検査の際にはタンパクは出てなかったのだろう。 副作用があまりに辛いので20日朝のポンタールを止めたら熱がぜんぜん下がらない。しょうがないので、 勝手ながらカプセルを開けて1/2量にしてのんだ。夜半また悪寒で目が覚めるようだと辛いな。

18日だけで体重が2kgも減った。血圧は117/87くらい。脈拍121(!)。そりゃ苦しいはずだ。 1時間ごとにポカリスエットを200cc摂取。1時間ごとに、ジップロックに入れたぬれタオルを自分で交換。嫁さんは寝てるし、 自分自身で寝ずの看病をしてるような有様。

私はこれまで39度近くの高熱が3日も続いたことは無いし、 ただの風邪にしては何かおかしい気がするので明日は熱が引かなかったら別の病院に行ってみよう。

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます。 今日はあんまり元気じゃ無いけど。

 

« トランス脂肪酸と遺伝子組換え大豆 | トップページ | 本当に必要な人材の育成ならば金くらい出さなきゃ »

コメント

具合はどうだい?お大事に。

復活しました。もう1日熱が下がらなかったら他の病院に行ってみようかと思っていたところ、何とか治ってしまいました。

近頃、塵芥のごときコメントやトラックバックが多いので、私が承認するまで表示されません。ご面倒をおかけしますが、所詮は備忘録blogですのであしからず。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/17132292

この記事へのトラックバック一覧です: 発熱:

« トランス脂肪酸と遺伝子組換え大豆 | トップページ | 本当に必要な人材の育成ならば金くらい出さなきゃ »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ