2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 千葉大学のカルタヘナ法違反事例-組換えワクシニアウイルス- | トップページ | ”なかのひと”の年齢推計 »

2007年10月22日 (月)

製造年月日偽装・売れ残りの再利用

本日、研究室にて。

土 (センター長のお土産の蝦煎餅を見ながら)「へー、蝦煎餅の賞味期限って2ヶ月しかないんですね。ま、 これは売れ残っても再利用できないだろうけど。」

高 「赤福みたいに?大体、消費期限が1日っていうのがおかしいんだよ。売れ残ったらもったいないじゃないか。」

土 「そうですね。冷凍技術があるんだから、正直に冷凍してます、って言って冷凍品も売ればいいんですよ。日持ちしないんじゃ、 買ってからも腐らせちゃいそうだし。私は冷凍赤福が売られてたらそっちを買いますね。」

高 「そんなにすぐ腐るもんじゃないし、古くなっらた古いって言って売ればいいんだよ。安くしてさ。多少腐ってても、みんながみんな、 あたるって訳じゃないし。何でもかんでも、おなかの弱い人を基準にしてるのがおかしいんだ。」

土 「それは、食品衛生の概念に対する挑戦ですね。」

高 「作りたて、2日目、それ以上、ときちんと知らせて、安く売ればいいじゃないか。買えない人だって居るし、 何でもかんでも残ったら捨てればいいなんてもったいない。客に正直に教えないのはいけないけど、 これまでだって、あたったと言う人は出てないんだし実害は無いんだから。」

土 「”あたり付き”のチャレンジャー用食品と言うのは、運試しにしても恐ろしいなぁ。いくら安くってもね。 食品は食べても健康に害が無いもの、と言うのが大前提だから、もし危ないということになれば売れないですよ。」

----

みんながみんな、おなかが弱いわけではないけれど、細菌数が基準値以上であれば、やっぱり売っちゃいけないでしょう。 食品衛生法違反です。

しかし、赤福の問題、消費期限に関するJAS法の問題だけかと思ったら、次々と隠されていた問題が明らかになっている。

     
  • むきあん(売れ残りの餡の再利用)
  •  
  • むきもち(売れ残りのもちの再利用)
  •  
  • まきなおし(売れ残りの再生全般)
  •  
  • 先付け(製造日の前倒し印字)
  •  
  • 売れ残りの再包装暗号化(日付の後ろにドットがあるものは再生品)
  •  
  • 恒常的な冷凍品の販売による製造年月日の偽装
  •  
  • 原材料表示の順番がでたらめ

と言う按配に、JAS法による表示義務にことごとく違反している。

で、食品衛生法関連の調査はどうなんだろう?細菌数検査などの結果はまだ公表されていないが、 一部でいい加減な製造を行なっている会社は、他でもいい加減な事を行なっていることが多い。今後も注目してみよう。

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

« 千葉大学のカルタヘナ法違反事例-組換えワクシニアウイルス- | トップページ | ”なかのひと”の年齢推計 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/16842111

この記事へのトラックバック一覧です: 製造年月日偽装・売れ残りの再利用:

« 千葉大学のカルタヘナ法違反事例-組換えワクシニアウイルス- | トップページ | ”なかのひと”の年齢推計 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ