2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 医療用遺伝子組換え作物の開発モデル | トップページ | MON863の安全性に関する食品安全委員会の見解 - final & 動物飼料としてのGMOについての評価 »

2007年9月12日 (水)

安倍総理大臣辞任

安倍改造内閣の三度目のサプライズだ。一度目は、参院選後安倍総理自身がやめずに内閣改造をしたこと。二度目は遠藤農水相辞任。 三度目は、このタイミングでの総理大臣の辞意表明。

総理大臣が所信表明演説を終えて、このタイミングで辞任するとは信じがたいことだ。政治家の仕事は「喋る」こと、 言葉でメッセージを伝えること以外の何物でもない。言葉に対する信頼を失った政治家は死んだも同然だ。

では、一昨日のあの所信表明は何だったのか?首相は自らその言葉を裏切ってしまった。

これは少なくとも、平静な精神状態にある責任感のある人のする判断ではない。責任を問えるのは正常な精神状態にある人のみだ。 安倍首相が在職中に自殺されないことを切に願う。勿論、在職中でなければ自殺しても良いという意味ではない。

しかし、この辞任が最悪のタイミングであったか?というと、必ずしもそうとはいえない。今臨時国会の会期終了後にやめるか、 次期通常国会の終了後に辞めるのが、解散して野党に政権を明け渡すことなしに済ますための、ありうる選択である。だとして、 今国会を乗り切るのが難しいことが判っていたのならば、開会前にやめた方が恐らくよかっただろう。

だが、予算審議にかかる次期通常国会の会期中だったらどうなっただろうか?審議未了で已む無く暫定予算で動かす?そうなると、 骨格予算以外で動かされるあらゆる事務事業が止まる。私たち研究者の当てにしているプロジェクト予算のような、 無くてもすぐに国民生活に支障のでないものは言うに及ばず、である。

年末を目処に独法の再編論議もまとまる予定だが、その議論の行方も非常に不透明だ。困ったものだ。

首相辞任で内閣も総入れ替えだろう。特に、農水大臣はこの1年で中川、松岡、若林、赤城、若林、遠藤、若林と延べ6人も変わっている。 ・・・だからといって、どうとは言いませんが。

« 医療用遺伝子組換え作物の開発モデル | トップページ | MON863の安全性に関する食品安全委員会の見解 - final & 動物飼料としてのGMOについての評価 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/16428438

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理大臣辞任:

« 医療用遺伝子組換え作物の開発モデル | トップページ | MON863の安全性に関する食品安全委員会の見解 - final & 動物飼料としてのGMOについての評価 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ