2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 朝日新聞 「9月入学―無理に進める話ではない」 と言う社説 | トップページ | 今日は車検に行ってきた »

2007年9月25日 (火)

ワタシ、こういうものに目がないんです(ポータブルタイプのDNAフィンガープリント装置)

大抵の方から見ると、あいつ変なものに萌えてるなーとあきれられそうですが、こういうポータブルのラボって大好きです。

NEC製のLabOnChipのPCRと、電気泳動装置のパッケージですが、

  • 電源はどうしてるの?
  • スループットは何サンプルくらい?
  • 電気泳動の検出系の光源とディテクターは何?
  • 蛍光色素は何を使うの?
  • 泳動用のポリマーの充填はどうするの?
  • 泳動用のチップはディスポ?
  • PCRのサイクルは操作できるの?
  • DNAフラグメントの分解能は200bpに対して何パーセント?
  • 写真にはキーボードも一緒に写ってるけど、PC内臓?
  • だとすると、ネットワークに繋がるよね。バンドパターンでデータベースサーチができるのかな?

などなど、知りたいことで一杯です。ちなみに、おいくらくらいなんでしょうか・・・。ま、今の仕事では使い道も無いし、 買えやしませんけどね。

組換え作物や品種識別の現場に持ち込めると、一次スクリーニング的な迅速診断に使えそうなので、 農学方面でも結構用途は広いかも知れません。メーカーの言うように「犯罪の抑止に貢献できる」・・・かどうかは、実に微妙ですが。

かつてMJ-research(現bio-rad)でMML-0150というモバイルラボがありました。 アメリカ陸軍あたりの要請でバイオテロ対策用に作られたもので、 良くあるタイプのPCRと電気泳動セットをでかいアタッシュケースに詰め込んだだけの代物でした。さすがにそれは大きすぎると思いましたが、 今度のは一味違います。

もっとも、植物用の簡易DNA抽出法と組合せないと、農学系では威力半減ですが。

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

« 朝日新聞 「9月入学―無理に進める話ではない」 と言う社説 | トップページ | 今日は車検に行ってきた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/16571958

この記事へのトラックバック一覧です: ワタシ、こういうものに目がないんです(ポータブルタイプのDNAフィンガープリント装置):

« 朝日新聞 「9月入学―無理に進める話ではない」 と言う社説 | トップページ | 今日は車検に行ってきた »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ