2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の記事

2007年7月30日 (月)

参院選から一夜明けて

参院選の結果は、自民党、公明党の歴史的な敗北と相成った。

マスコミは、敗因は、社保庁問題の影響、閣僚の失言、政治と金の関係、地方の切り捨てetc.・・・いろいろなことを言っている。

しかし、社保庁の問題は歴代の政権の監視が届いていなかった結果であるし、地方の切り捨ては小泉政権のツケだ。 安倍内閣のみの問題ではないが、それを国民がどう受け取るかは別の議論だということか。また、閣僚の失言や不適切な政治資金管理くらいで、 これだけの大敗を喫するものだろうか?

(余談だが、与野党の社会保険庁攻撃も結構だが、社会保険の制度の問題と、運用の問題とを混同してはいけない。 凡庸な職員集団にでもきちんと運用できる社会保険制度を設計するのは国会の責任だ。 人ごとのように行政府を攻撃するのは政権与党のすべきことではない。)

一方、国会運営では短い審議時間+強行採決で決着を図ってきたことについてはどう評価されているのだろうか? 私はそっちの方が気になる。現在の自民党の国会運営は力攻めである。うまいやり方ではない。 与野党は国民が審議経過を見ていることも時折思い出していただきたい。

国会で与党に対案を出してくる民主党も、本気で議論する気があるなら現実的な対案を出さないと、 そもそも議論をする気がないと思われても仕方がない。官僚機構を正面切って敵に回そうという政党だから、 行政庁の協力が得られないのかもしれないが、ある程度既存の制度とのすりあわせを考えて段階的に問題解決をしていかなければ、 今動いている制度とのバランスが崩れてしまう。官僚出身者も多いのだから、そんなことは百も承知で対案を出しているのだろう。で、 あるとすれば、やはり議論する気はなくてポーズだけで議案に反対して見せているのだと見られても仕方がない。

さて、先の話だが、このまま国家公務員を責める姿勢を貫いて民主党は与党になれるのだろうか。国会は実働部隊ではない。 国会の仕事は制度を作るのことで、運用は行政の仕事だ(その行政を監視するのも国民の代表としての国会の仕事だ。 そのために国会議員には国政調査権が与えられている)。実務者集団としての実行部隊をうまく飼い慣らすのが政権与党の仕事だ。

---

今日から夏休み兼弟の結婚で田舎に帰る。ここしばらくの最高気温は22℃くらいだそうだ。本州とは別天地だね。では、 そろそろ出発しないと。

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

2007年7月23日 (月)

化学物質の安全性情報について (LWWC 108-13)

久々に、お茶の水女子大学社会人再教育講座(LWWC)ネタ。

私はLWWCに行ってますが、受講生ですのでお間違いなく。講師ではありません。

さて、今回は化学物質の安全性情報はどう発信されているのか?その信頼性は如何?というお話。

世の中に化学物質の有害性について発信された情報は数多ありますが、 表現の仕方如何では大きな誤解を与えることがあります・・・たとえばDHMO(DiHydro Mono Oxide)。今回の講義でも、 このDHMOを例示して、科学的でない表現がいかに読み手の誤解を引き起こすかを例示していた。

曰くDHMOの特性は・・・

  • 経口摂取すると、腹部膨満感、頻尿、多汗、血中の電解質異常を引き起こす。
  • 呼吸器に入ると、致死的な呼吸不全を引き起こす。
  • DHMOの気体に接触すると、皮膚の糜爛を引き起こす。
  • 毎年数千人がこの物質によって死亡している。

etc.

私が補足すると、

  • 未承認の遺伝子組換え作物に多量に含まれている。
  • 有毒植物であるトリカブトの植物体の主要な構成成分である。
  • がん細胞から必ず検出される。
  • 孵化しなかった野鳥の卵にも多量に含まれる。

くらいは言っておきたい。各国政府もこの物質のことを十分に知っているが、 規制するとなると産業界からも非常に強い圧力がかかるだろうからし誰も規制しようとはしない。賢明な皆様はご承知の通り、 この物質の正体は水です。

という按配に、物性の記述にとどまらない情報は正確な理解を妨げることがある。

インターネット上の情報も、国際機関や各国の公的機関のファクトデータ、評価書もあれば、 営利企業の宣伝や、事実を提示していない個人の見解もあるので玉石混交。原著論文も非常に特殊なケースで一般化できないものもあれば、 広く引用され汎用性が高く信頼のおけるものもあるので、専門家で無い個人が評価するのは難しい。

新聞記事はセンセーショナルに事実を切り取るので、原典をよく読まないと危ないこともある。例えば、 朝日新聞の報道で「4時間以上座ったままだといわゆるエコノミークラス症候群の発症リスクが二倍になるとWHOが公表。」 と言う記事があったが、確かにWHOのプレスリリースにはそう書かれている。しかし、原典には続きがあって、 それでも発症リスクは1/6000程度(0.1%-0.01%の間)なので危険性は低いと書かれていたとのこと。このように、 マスコミの報道は危険性をことさら訴えて、人を驚かすことを目的としているようなところがあるので要注意。

このほか、危害の可能性がある化学物質の表示について国際的な表示基準としてGHS (Globally harmonized system of classification and labeling chemicals)の導入が進められつつあり、労働安全衛生法に基づく表示や、JISでもGHSのピクトグラム(絵文字) を採用するとのこと。

受講生からの質問:  GHSは一般の化学物質には適用されるとのことですが、私たちに消費者にとって身近な医薬品、化粧品、 食品添加物に適用されないのはなぜですか?

講師の回答: 意図的に体に取り入れる化学物質については、 それぞれ別の制度で表示が決められています。 GHSは単独の物質の適用するもので色々な成分が交じっているも製品の表示とは別です。

私の感想:  医薬品による危害要因は医師がコントロールするので、消費者が見ても仕方が無い。化粧品や食品添加物は、 意図的に接触したり体内に取り入れたりするもので、 基本的には通常の使い方で毒性が発揮される用量にはならないように成分と使用量が予め規制されているので危害を避けるために表示するというGHSの考え方とは相容れない。 身近に生存を脅かす危険が見当たらなくなった消費者は、 嬉々として取るに足らないリスクをあげつらって喜んでいるのではないか? 大体、 危険があるという表示のある食品や化粧品を使いたがる人がいるのか? 私はドクロマークの表示された食品を食べたいとは思わない。・・・というか、 この質問者は食品添加物の回の講義を受講していないか、受講していても理解していないか、理解していても、 危害の危険性が低いとみなされている食品添加物とより一般的な”化学物質”との区別がついていないかのいずれかだろう。 再教育の意味が無かったのかと若干がっかり。

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

 

2007年7月17日 (火)

ワードサラダ

日経BPネットに「ワードサラダ」 というものが紹介されている。

スパムフィルタを通過するための技術として使われ始めているもので、 たとえば次のような文を言うらしい。

「ハンカチ王子が上がるとイソフラボンが投げ放題になるが、そのまま家系ラーメンを飛び込んだ」

このように、「文法的には正しいものの、言葉の選び方が正しくないので、 意味が通らない文章」のことをいうらしい。

しかし、言語、特に話し言葉というものは非常に文脈依存的な性質があって、 実際の会話を紙に書き留めるとしばしばワードサラダ状態になることもある。例えば、

「僕はウナギだ。」

という文は、発話者がウナギ以外の場合は形式論理的には正しくない。一方、 ウナギは日本語を話すことはないと考えられるので、形式論理的に正しい場合は科学的には正しくない。一見したところそう思える。

ではあるが、次のようなケースではどうだろうか。

Q: あなたの好きな日本料理は何ですか?

A: 僕は[ すし、 ウナギ、 天ぷら、 刺身] だ。

という会話は成り立つ。「僕はウナギだ。」という言葉には「僕 (の好きな日本料理)はウナギ(の蒲焼きか、白焼きか)だ。」という言葉が省略されている。だからこれは、ワードサラダでも何でもない。 次の文はどうだろうか?

「庭先の日盛りのヘメロカリスも、日陰のロードデンドロンも、 八界説では等しく植物界に所属する。」

これは書き言葉ではあるが、結局は意味が通じる人にしか通じない。 ワードサラダ的ではあるが、言葉の選び方は正しい。ではこれはどうだろう。

「美しい国日本の清く正しい政治家は自由と民主主義の理念の下、国民のために全身全霊を捧げて政治改革に励む。」

合掌・・・。

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

2007年7月16日 (月)

葉緑体を飼うウミウシ

新潟・長野北部が大地震を大地震が襲った。被害に遭われた方にはまずお見舞い申し上げます。 新潟県庁には前回の教訓を生かした迅速な対応を望みます。

---

さて、先週だったか、朝日新聞の"be"に、食べた藻類の葉緑体で光合成をするウミウシの話がさらりと書いてあった (久保君申し訳ない。出典は理系白書blogでは無かった)。私はその話を聞いたことがなかったので、ホントかいなと疑いつつ、 googleで”光合成 ウミウシ”で調べてみると、結構出ている。

記事の中に出てきたカタカナの学名(エリシア・クロロティカ)を頼りに、綴りを想像しつつ”Elysia chlorotica”で検索すると749件ある。どうもこれらしい。

次に、PubMedで”Elysia chlorotica”を調べてみると、8件ある。Green et al. (2000)の文献リストを手繰ってみると、古くは1979から知られていたらしい。ウミウシの専門家には有名でも、 植物の研究者には意外と知られてないのではないか。

関連の文献を眺めてみると、藻類の葉緑体のタンパク質の一部はウミウシの細胞に取り込まれた後で起きる (Pierce et al. 1996)、とか、葉緑体の遺伝子発現が細胞内での共生中に起きる(Mujer et al. 1996)、とか、何ヶ月もの共生中には光合成も、 チラコイド膜タンパクの維持も、葉緑体の遺伝子発現も維持されるんだよ(Green et al. 2000)など、非常に興味深い話題に充ち満ちている。

でも、核支配のタンパクの供給はいらないのかね?その辺はどうなってるんだろう。それから、googleで”光合成 ウミウシ” で調べて出てくるのは”Elysia chlorotica”だけではないし、日本近海にも光合成をするウミウシがいる様なので、おそらく、

     
  1. ウミウシが藻類の葉緑体を利用する様になったというイベントは、ウミウシの進化の途上で独立に発生した可能性がある。  
  2.  
  3. 地理的に独立に共生が見られるのであれば、ウミウシの食藻は”Elysia chlorotica”   の食べる”Vaucheria litorea (C. Agardh)”以外にもあるはず。   何か細胞内で長生きする葉緑体に共通の特性があるかもしれない。

等、色々想像してしまいます。また、まさかとは思うが、藻類のゲノムがウミウシに取り込まれるなんて事が起きてはいないだろうか? この先楽しみな研究分野である。

なお、この分野、名古屋大の小保方先生が研究に着手される模様。

 

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

 

2007年7月12日 (木)

札幌にて

明日、北大のセミナーで話すので札幌に来ている。前に来たのは何時だったか・・・。

一昨年の夏はたしか日帰りで来ていたし、春先の農芸化学会(2005年)にも確か来たな。昨年はどうだっけ・・・?と思って、 Xoopsのカレンダーを見たら、家を建てる際の家具の調達やら。あれやこれやで、それどころではなかったようだ。去年の7月20日頃、 着工だったのだな。

今日の札幌の日中の気温は、例年より寒く16度くらい。つくばとは10度近く違う。汗も出ない。でも若干小雨がちなので、 いまいち爽やかさには欠ける。でも、気温がこのままで推移すると、水稲は遅延型冷害になるかもしれない。ちょっと心配ではある。

出張パックで全日空ホテルに泊まっているのだが、チェックインのときにフロントで部屋にLANケーブルがあるかと尋ねたら、 割り当てられた部屋は”ダイアルアップ”しかできないといわれてショック。だが、 受付のお兄さんがすぐに対応してくれてLANの使える部屋に変えてくれた。

部屋に入ってみると、応接セットのあるデラックス・ツインじゃありませんか・・・。出張パックの客にこんな部屋を回してくれるなんて・ ・・ありがとう全日空ホテル!

って、結局部屋では仕様書を見直したり、メールを打ったりと仕事をしてる訳で、デラックスツインのメリットは・・・あ、 しっかりしたデスクがあるくらいかな。書き物にはよさそうだ。

ま、 月末には弟の結婚に立ち会うために全日空ホテルに宿泊するのでたっぷりと搾り取られることになってるんですけどね。

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

 

 

 

2007年7月 7日 (土)

グリンピースがまた妙なことを言い出した?

まずはこの7月4日付の恥ずかしいプレスリリースを見てやってほしい。

遺伝子組み換えトウモロコシMON863の即刻回収を!
--グリーンピース食品安全委員会、厚生労働省、農林水産省に要求

http://www.greenpeace.or.jp/press/releases/pr20070704_html

以下、私なりにこのプレスリリースの事実関係を解読する。(赤文字の部分は、私から見て事実誤認があると考えられたため、勝手に修正しています。

米国大手農薬会社モンサント社の開発による遺伝子組換え殺虫性トウモロコシMON863は、今年3月、フランス・ カン大学などの専門家チームの研究により毒性の兆候が否定できないとされ、 その研究論文が米国専門誌( Archives of Environmental Contamination and Toxicology )に発表された

論文では、モンサント社の行ったラットを使った実験の結果を再解析するとMON863は肝臓と腎臓への毒性作用の可能性があることが否定できないとしている

日本の食品安全委員会はこの研究論文に対し、 第47回遺伝子組換え食品等専門調査会(2007年4月16日)検討を行い、引き続き審議を行なうとしている。日本では、MON863は2002年食品と飼料への使用が認可されている。したがって、 MON863が現在流通している食品に使用されている可能性もある。

なお、MON863の安全性については、 欧州食品安全委員会の専門家委員会がモンサント社の行ったラットを使った実験の結果を再評価した2007年6月28日付公表の報告書があり、 何ら問題ないとしている。また、上記のフランス・カン大学などの専門家チームの論文については、統計の専門家によって再評価されており、 論文で行った統計的検定の前提条件は不適切であり、適切な手法で検定した場合よりも統計的な有意差が出やすいと報告されている

現時点では、グリーンピースがMON863の回収要請の科学的根拠としている論文については、 欧州食品安全委員会から解析手法が不適切であるとされており、 日本でも2002年に行われた食品安全委員会の適正なリスク評価の結果MON863は特に問題ないとされており、 現在流通して食品に使用されていたとしても、何ら問題はない。仮に、 MON863を回収するべきであるとしたら、 それは食品安全委員会で上記の論文を再評価し、 MON863の安全性に問題があると判断された場合のみである。

次に、

グリーンピース・ジャパン遺伝子組み換え問題担当の棚橋さちよは語り、「現行の安全性評価を早急に見直し、 長期間の摂取を含めた安全性の審査が確立するまで、すべての遺伝子組換え食品に対する認可の停止をすべきである」と訴える。

さて、日本の食糧自給率はカロリーベースで約40%である。自給率の低いトウモロコシや大豆は95%以上を輸入に頼っている。

  • 現行の安全性評価に問題があって
  • なおかつすべての遺伝子組換え食品に対する認可を停止する

としたらどうなるか?たとえば大豆を例に取ると

  1. 流通している大豆の96%は輸入大豆だ。
  2. そのうちアメリカから輸入されてくる大豆は、全輸入量の80%を占める。
  3. アメリカで作付けされている大豆の90%は遺伝子組換え大豆だ。
  4. 従って0.96 x 0.8 x 0.9 →国内で流通している大豆の70%位は遺伝子組換え大豆だ。

政府がこの流通を禁止したら、不足分(概ね290万トン)を非遺伝子組換え大豆で調達できる見通しはないので、 間違いなく社会的な混乱が起きる。もっとも味噌、豆腐などの食品用に使用される大豆は100万トンほどで、分別流通されており、 無分別の大豆は主に食用油用にふりむけられる。

トウモロコシについても、アメリカから輸入されているものは家畜飼料にも使われているが、仮にそれまで止めると、 農家も巻き込んだ大混乱が起こるだろう。彼らは、そこまで考えて発言しているのだろうか?

仮にそうなってもグリーンピース・ジャパンは、当然のことながら一切責任を取ることはないし、その能力もない。

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

2007年7月 4日 (水)

遺伝子組換えトウモロコシ MON 863のラット90日給餌試験に関する統計分析の再評価

もとネタはuneyamaさんの食品安全情報blogと、日経バイオテクのFoodScienceの宗谷 敏さんの記事。

私は仕事の関係で、遺伝子組換え作物の動物を使った毒性試験に深い関心を持っている。そこに、前回のエントリーで書いた論文を見てしまったものだから、少々頭に来ているところ。

 関連情報を探してみると、4月16日の内閣府食品安全委員会の遺伝子組換え食品等専門調査会の議事録(pdf)でも、この論文のことが取り上げられている。もっとも、論文で採用された統計手法の妥当性については疑問があるが、今後専門家の判断を仰ぎましょう、と言う扱いであった。そのうち、日本でもこの論文の再評価が行われることになるのだろう。

 一方、そうこうしているうち欧州食品安全機関(European Food Safety Authority=EFSA)から、前回のエントリーで書いた論文の統計手法についての再評価が6月28日に公表されたことを、 FoodScience食品安全情報blogで知った。そこで、FESAのreviewの要約を読んでみることにした。

※ ここで、すごいなーと思うのは、FESAの評価結果に対して疑念を呈する論文が公表されるなりEuropean Commissionの諮問に応じて、徹底的にreviewして放置してはおかないというFESAの姿勢である。その姿勢に、 EUの食品安全に関わる専門家集団としてのプライドを見たような気がする。報告書の分量も多く結構な作業量なので、わざわざそこまでやろうと言う姿勢には脱帽する。

 要約では、Seralini et al. (2007)は、同一個体の体重の連続した週次の測定値間の経時的自己相関を説明していない。さらに、群間の体重の平均値のカーブの検定を目指しているが、この方法では群内のラットの個体ごとの体重のばらつきを説明していない。・・・など検定結果に擬陽性が出やすい理由を列挙している。

 おそらく、標準的でない解析方法の欠点の列挙にあまりつっこんで詳細を読んでも、私にもきっと理解できないでしょう。一方、 EFSAは自身の手でモンサントのデータを再解析しており、その手法を自ら"modern sophisticaed statistical methodology, capable of detecting even small differences."と評しています。(one-way ANOVA and linear mixed model approach, 一元分散分析と混合線型モデルですが・・・。)

# これはいい!拝借しよう。

 その解析の結果、結局、処理区間の体重に有意差はない、量的な効果もない、投与量と他の要因との相互作用もない、 12週目の雄の体重を除いてGMとコントロールの差は無作為な偏差と一致する等。結局、統計的にこれといった有意差は出ないとのこと。

 このほか、生化学的指標や尿検査、組織病理、器官重量についてもcriticalに検証しています。こちらは統計的な有意差があれば、その裏付けとしなる生物学的な有意な違いについても評価すべし、というEFSAの原則的な方針を強調しています。

 結局、この点ついてSeralini et al. (2007)は、以前のEFSAのGM panelの評価やモンサントの申請書中の報告と変わりないとのこと。

---

 結局は大山鳴動鼠一匹。 さて、EFSAの大部な報告書を余所に、我が国の食品安全委員会の専門調査会はどのようなユニークな検証、あるいは再解析を見せてくれるだろうか? 一種楽しみである。

人気blogランキングへ←クリックしていただけますと筆者が喜びます!

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ