2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月15日 - 2006年1月21日 »

2006年1月8日 - 2006年1月14日の記事

2006年1月13日 (金)

クローン+ESは振出へ・・・・しかし、体性幹細胞まで死んだわけではない。

 韓国の騒動を横目に、各国ではこれから”本当の一番乗り”を目指して、これまで”二番手” に甘んじてきた研究者達の競争が激化することだろう。

 結局、ファン元教授のグループは2,000個以上の卵を使用して、たった一個の未発達な胚盤胞を得たに過ぎない。その研究に無償であるいは有償で提供された卵の入手方法の妥当性は、今後の検証を待たねばならないが、動物実験でskillを磨いていない未熟な研究者に誰が喜んで卵を提供するだろうか。たとえ無償の提供であったにせよ、そこには提供者を欺くための科学者の名声という演出があったのではないだろうか。詐欺とは言わないまでも、提供者を錯覚させ、現実のありようを見せないままに卵を搾取したことには違いはない。

 再生医療の発達を待ち望む患者は数多いことだろう。しかし、その治療には本当に胚性幹細胞が必要だろうか?可能性の低いヒトクローン胚由来の胚性肝細胞をあてにするよりも、患者自身の体性幹細胞の高度利用の可能性を探るほうが現実的ではないだろうか。正解のない倫理問題と格闘するよりは、そちらのほうがましな気がする。誰でも持っている体細胞には倫理的な問題は付きまとわない。

 折りしも、今年はエピゲノミックスの研究開始元年とも言うべき状況にある。体細胞の初期化、体細胞由来の卵細胞の開発など、卵の提供者に負担を強いない新たな選択肢にいずれは繋がるかもしれない研究の萌芽である。先は遠いが、私はこちらの研究の進展を長い目で見守りたい。

2006年1月11日 (水)

KH-C701

KenwoodのイヤホンKH-C701を購入。まだエージングしてないので本当の持ち味はわからないが、 とりあえずイヤチップが柔らかいのとケーブルが細いのとで、SureのE3、E4よりは装着感は良好でケーブルのとり回しがはるかに楽。 ドライバーユニットもE3、E4よりもかなり小さい。

高音のシャリシャリ感がやや耳につく。低音は控えめ。エージングにしたがって良くなるかもしれない。ポップス向けの音かな。 12弦ギターやシンバルはカッチリ鳴る。ER-6のピアノの音がよいと評した人がいるのでそのうち聞いてみたい。

#・・・と言いつつ、MP3プレーヤーに山下洋輔のピアノソロが入ってるのを思い出して聞いてみた。残響音があまり聞こえない。 ややデッドな感じ。普段はE4に3段フランジのイヤチップをつけてるので、 それから見ると遮音性が低くて周辺のノイズに埋もれてしまうのかも知れない。・・・と思ってE4と交換してみると、 こちらのほうが残響音が良く聞こえる。が、ピアノソロのように無音の時間のあるソースだと今度はホワイトノイズが聞こえる。 やはり遮音性の違いが影響しているようだ。このくらいが電車の中での聴き比べの限界かな。

音圧はE3、E4よりも控えめだが、多少ボリュームを上げても音が割れないので特に不都合はない。まぁ、 HD20GA7向けにチューニングしたものをHD20GA7で聞いてるのだから不都合があればどうかしてるというものだが。

肝心のホワイトノイズは、E3、E4よりは明らかに小さい。付属のイアホンは遮音性が良くなさそうだったので、使ったことがなく、 それとは比較できない。

各種のホームページで見た細かな構造の違いや音の傾向からEtymotic ResearchのER-6よりはER-6iに近い味付けかな?でもイヤチップのキノコは二段だからER-6寄りかな。もともと日本のメーカーであるスター精密 (昔はドットインパクト・プリンターを作っていたっけ)の補聴器用のイヤホンをチューニングして転用したものらしい。 なるほど装着感が素直なはずだ。

結局、今のところKH-C701は音に集中して聞くにはちょっと物足りないが、乗り物で聞くには遮音性がもうひとつ、という感じ。 でも、ケーブルの取り回が楽なのは駅に着く前に簡単に仕舞えて大変ありがたいので、これからは通勤の友にしようかと思います。

« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月15日 - 2006年1月21日 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ