2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »

2006年3月26日 - 2006年4月1日の記事

2006年4月 1日 (土)

新年度

 昨日、文部科学省の併任が解除され、重責から解放された。

 この2年間は本当に長かった。その任期が一日でも早く過ぎるように感じられたら、と付けたブログのタイトルは”Dog year's blues”。タイトルのいわれは次の通り。

 犬は人間の7倍の速さで年をとると言われており、新製品の開発サイクルが非常に早い半導体やインターネット関連の業界のサイクルを、 犬の年のとり方になぞらえて"Dog year"と言うとか・・・ということで、私の任期もDog yearの如く早く過ぎ去ってしまえ、との思いを込めて、Dog yearと付けた。bluesは、時にブルースの意味もあり、実は憂鬱の意味も少しはある。いや、実は相当ある。

 が、先日大学の同級生に会った際に、「いやー、土門、しばらく見ないうちに老けたなー」と言われた。確かに、私は実年齢よりも相当 「落ち着いている」。が、 今に始まったことではなし、内心ちょっと腹を立てぬでもなかったが、今にして思えば、このブログの名前が祟ったのかもしれない。

 ということで、このブログは本日を以て改題する。

 新しいタイトルは、”Domon blog -Formerly known as Dog year's blues-” (なんだかPrinceみたいだ)。

・・・決してエイプリル・フールではない。

2006年3月26日 (日)

読了。内田康夫 著「悪魔の種子」

 18:16 内田康夫 著「悪魔の種子」読了。嫁さんの出張している日曜日は読書がはかどる。2時間半で一気読みです。(ちょっと勿体無い。)

 「悪魔の種子」の”の”は、先のエントリーの、」2. 「この種子は悪魔のもの!」に最も近いようです。一読した範囲では、この小説では”人間の欲望をかき立てる「悪魔の種子」”という表現はp.341にただ一度登場するのみです。

 全編を通じて遺伝子組換え作物を悪と決め付けるトーンは感じられず、マッドサイエンティストも登場しないので安心して読んでられます。また、「花粉症緩和米」は医薬品か食品か、という未解決の問題点にもフォーカスしており、その議論がまさにこの小説のプロットを成立させる前提条件となっています。なかなか鋭い視点といえましょう。ただし、出所のわからない遺伝子組換え生物をいきなり医薬品の開発トラックに乗せるのは幾らなんでも無理かと。

 一方、作物・食品としての位置づけで開発を進めるとして、どこからか「医薬品」にすることも不可能ではありません。籾は生物・作物扱い、玄米も同様、精米すると食品ではあるがそのままでは摂取できないので医薬品ではない、炊飯米は食品あるいは医薬品になる、という区別がありえます。ですので、種子や植物体は医薬品そのものにはなりません。

 ちなみに医薬品原料となる植物の栽培については、麻やケシ以外には特に規制はありません。いずれも麻薬原料以外の用途がごく限られていることから、厳しく規制することで社会に対する有害性を発揮しないようにするというものです。これとイネを同列に扱うのはどうかと思いますが。

 7Crpの減感作作用については確かに報告はありますが、これまで7Crpで感作されていないヒト(あるいは動物)に7Crpを経口摂取させると、新たに感作さてしまうリスクは、食品に含まれる他のペプチドと同程度にはあると考えられます。もっとも、アミノ酸組成よってもその程度は違うので、7Crpが特に危険であるというような議論は妥当性を欠きますが。

 そうそう、スギ花粉エキスだの、ドリンクなんていうものも売ってますが、グロブリンEに反応する生の抗原を摂取するとアナフラキシーの危険もあるようですが・・・。プロテアーゼ・インヒビターを含む食品を一緒に摂らなければ大丈夫なのかな。

買っちゃいました。内田康夫 著「悪魔の種子」

 遺伝子組換えイネをだしにしたミステリーとのこと。

 ・・・ですが、ちょっと立ち読みしたところ、「花粉症緩和イネ」に関する報道が時系列で掲載されているではありませんか。で、資料になるような気もしたので買っちゃいました。

 しかし、「○○の種子」の「の」って、どういう使い方なんだろう?「コロンブスの玉子」の「の」か、「鶏の卵」の「の」か。「悪魔の種子」も、

  1. 「この種子を開発したのは悪魔です。」(「サカタのタネ」のアナロジー)なのか、
  2. 「この種子は悪魔のもの!」なのか、
  3. 「ご注意。この種子を蒔くと悪魔が生えてきます。」(想像するとかなり怖い気もするが、若取りすると”小悪魔” がお楽しみいただけます・・・というのはちょっと嬉しいかも知れない。ま、大きく育てすぎると手に負えなくなるのだね。)なのか、

非常に気になる。読み終わったら、それがわかるようになるんだろうか。楽しみ楽しみ。

« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ