2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年3月26日 - 2006年4月1日 »

2006年3月5日 - 2006年3月11日の記事

2006年3月 9日 (木)

Multiple Displacement Amplification (MDA)

 ボチボチ研究者モードに戻らないとなぁ。2年間現場を離れている間の試薬屋さんの合従連衡の激しいこと。 Amersham-pharmaciaは今やGE ヘルスケアだし、クロンテックは宝バイオだし、Molecular probesはInvitorogenだし。試薬会社のブックマークを作り直さないと・・・。

 さて久々のお題は、MDA

Multiple Displacement Amplification : Phi 29 DNA polymerase を使用した等温核酸増幅法。

ゲノムDNA全体を増幅するが、増幅産物が網目状になる模様。キットとしては、日本国内では、

がでている。定価ベースでは、いずれも反応あたり500円くらいのコストがかかるが、 もっと安くなるとその辺の市販のDNA抽出キットを駆逐できる可能性を秘めている。ちなみに、 GEヘルスケア バイオサイエンスのNucleon PhytoPure (50)は352円/sample、QiagenのDNeasy Plant Mini Kit (250)は432円/sample。

 なお、アメリカでは、GEヘルスケア バイオサイエンスから、インキュベーション時間が2時間に短縮された高速型のGenomiPhi v2と、高収率型のGenomiPhi HYが発売されている。

 WhatmanのFTAカードと組み合わせるとサンプリング、保存も簡単になるし、実験の手数も少ないので学生・ パートさん向きかもしれない。

« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年3月26日 - 2006年4月1日 »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ