2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« SAGEがMicroarrayを超える日 | トップページ | ミッキーマウスではなくて・・・ »

2006年10月15日 (日)

お、びっくり!「ぽろたん」ですか。

 まずはこのプレスリリースのムービーを見ていただきたい。

 画期的な品種開発だなー。だが、私の隣のデスクの研究員K君は、「うあっ、この人、栗の皮むくのムチャクチャ早いですね」と驚いていた。
・・・いや、驚いて欲しいのはそこじゃなくて、この品種の渋皮が簡単に剥けるところなんだが・・・。

 食卓に上るのは7年くらい後とのことだが、菓子原料向きには素晴らしい特性だと思う。今後爆発的にヒットする予感。(「甘栗むいちゃいました(大)」とか、「栗丸ごとどら焼き」とか、歩留まりの良いモンブランとか、手間のかからない「マロングラッセ(やや小粒)」とか)

 恥ずかしながら、私は渋皮の取れやすさが遺伝的に決まっているとは知りませんでした。この渋皮の取れやすくなる機構の基礎研究をまとめたら、イグノーベル賞ものですよ。

« SAGEがMicroarrayを超える日 | トップページ | ミッキーマウスではなくて・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/12299843

この記事へのトラックバック一覧です: お、びっくり!「ぽろたん」ですか。:

« SAGEがMicroarrayを超える日 | トップページ | ミッキーマウスではなくて・・・ »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ