2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« Irina Ermakova氏の行った実験について | トップページ | 「研究活動の不正行為への対応のガイドラインについて」について »

2006年7月12日 (水)

研究者の神頼み

 今日も科研費の流用がニュースになった。 見出しは、”国立天文台教授が科研費で「神頼み」、お札購入に流用”

 以下に記事の一部を引用する。

 

しかし実際には教授はこの「謝金」を、会議の際の飲食代やタクシー代、研究メンバーの結婚式の際の祝電代などに使っていた。   また太陽観測衛星に積み込む望遠鏡での観測実験成功を祈るため、秩父神社(埼玉県秩父市)のお札を8000円で購入した。

 ・・・・絶句するほか無い。大体、科学者ともあろうものが神頼みだなんて。しかも、

 

教授がお札を買っていた秩父神社は、「星の神様」とされる「妙見様」という女神をまつっている。

 太陽観測衛星なのに、「星の神様」とは。太陽のことでお願いするならやっぱり天照大神でしょう。しかも、 この一件については、

 

小暮智一・京都大名誉教授(天文学)は「今回のケースは明らかに『研究目的』から外れており、   少額といっても許されるものではない。だが、研究者は長い時間をかけて一つの実験に没頭することが多く、   神頼みしたくなる気持ちは理解できる」と話している。

 「神頼みしたくなる気持ちは理解できる」・・・って、でも研究費で神頼みしてもご利益があるんでしょうか?

 さて、研究者の皆様、神頼みをするのなら自ら汗をかいて稼いだポケットマネーでいたしましょう。

# あれっ?論点がずれてる?

« Irina Ermakova氏の行った実験について | トップページ | 「研究活動の不正行為への対応のガイドラインについて」について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/10920229

この記事へのトラックバック一覧です: 研究者の神頼み:

« Irina Ermakova氏の行った実験について | トップページ | 「研究活動の不正行為への対応のガイドラインについて」について »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ