2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

どこからきたの?

  • なかのひと

Google Analytics

« コロンブスの卵・研究者の卵 | トップページ | 大麦がモチーフ »

2005年5月24日 (火)

植物ウイルス学の本は意外に少ない

 ちょっと勉強してみようと思い立って、植物ウイルスに関する教科書的な本を探してみた。昼休みにOAZOへ行き、 仕事帰りには八重洲ブックセンターに寄ってみたが、植物病理学の本や植物ウイルス分類の辞典的な本はあるのだが、 動物のウイルス病の教科書にあるような、 初期感染メカニズムや宿主の抵抗性を回避する機構について扱っている本にはついにお目にかかれなかった。 ちなみにアマゾンで調べて見ると植物ウイルスと表題にあるのは13冊。のうちこの10年以内に出版された専門書は、皆無。 みつからない訳です。出版されていないんだから。

 ともあれ、いまだホットな分野で定説がないおのか、何なのかわからないが、 私の知りたいトピックについて知見をまとめた本は見当たらない。ひょっとしたら研究する価値がないと思われているのだろうか。とりあえず、 海外の出版物を当たってみると、さすがに33件ある。世界は広い!そのうち2000年以降に出版されたものは、それでも8件。 そのうち私の要求に見合うものは、Plant Viruses As Molecular Pathogens, JA Khan & J. Dijkstra, Eds. (ペーパーバックで¥9,868!)かPlant Viruses and Virus Diseases, Bawden FC(¥13,234!)いずれも書評なしなので、はずれだと手痛い。

 他のWebPageで書評を探すとそれなりの情報が出ている。 前者の本は最新の解析技術を基におもにエンジニアリングを通じて植物ウイルスの感染機構を解明しようとするものだし、 後者は初出1964年で第四版を重ねる名著らしい。どちらもなかなか魅力的ではあるが、 当面は無料で読める専門の雑誌のレビューで勉強するとしよう。

#ちょっと高いし・・・。

« コロンブスの卵・研究者の卵 | トップページ | 大麦がモチーフ »

コメント

05年のブログでしたので今では時期を逸したコトですが。
植物ウイルスに関する書籍を探しております。百の文献を読むより1冊の書籍を読むことにより多くのことを学べますが植物ウイルスに関する最新の情報を記載された書籍を見出すことは出来ません。残念です。
私は、果樹栽培をしている66歳の年寄りですが、栽培者、地方行政の研究者等のウイルスに対する意識が少ないのは問題知識がないのか、問題意識があっても支援体制がないのか、ウイルスの生産に及ぼす影響を見積もることが出来ないのか、私は悩んでおります。
健全な苗を生産するシステム作りが必要と考えております。それにはどこから手をつければよいのでしょうか。こんな課題と書籍は比例しておるのでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139010/5998825

この記事へのトラックバック一覧です: 植物ウイルス学の本は意外に少ない:

« コロンブスの卵・研究者の卵 | トップページ | 大麦がモチーフ »

twitter

  • Bernard_Domon

Ranking

  • にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
    日本ブログ村
無料ブログはココログ